ページ内を移動するためのリンクです。

ホーム > 病院のご紹介 > 医師紹介

医師紹介

川岸 利光Toshimitsu Kawagishi

理事長、院長(脊椎脊髄外科)

昭和47年卒

日本整形外科学会専門医、日本脊椎脊髄病学会指導医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医

痛みや麻痺などの機能障害で悩む患者さんに対して、迅速で的確な診断を下し、早期に有効な治療を行い、苦痛から解放し、早期社会復帰を目指しております。趣味は、ゴルフです。2匹のボーダーコリーを飼っています。

佐藤根 敏彦Toshihiko Satone

副院長(麻酔科、ペインクリニック)

昭和46年卒

日本麻酔科学会専門医、日本手術医学会評議員、日本医療機器学会、日本臨床麻酔学会

安全な環境で手術が受けられるように手術室環境や麻酔機器・モニターの整備を手術室スタッフと共に行っています。手術患者さんが入室すると不安がないようにスムーズな麻酔の導入を心掛け、安定した麻酔、速やかな覚醒かつ、できるだけ術後の痛みを少なくするように鎮痛薬や鎮静薬など工夫しています。糖尿病や脳梗塞、心疾患などを有する方が多くなっていますが、良くなりたいと思う患者さんの気持ちを大事に考え「全身状態が良くないので手術はできません」と断らないことをモットーとしています。 日々の臨床麻酔、術後管理、学会参加の合間には、院内バンドでドラムやボーカルなど担当しています。Jポップスから演歌まで、いろいろな年齢層にも楽しめる曲を選んで院内の催しもので披露しています。

金粕 浩一Koichi Kanekasu

副院長(人工膝関節)

昭和54年卒

日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会指導医、TKAフォーラム顧問、
日本骨折治療学会功労会員、日本リウマチ学会評議員、中部日本整形外科災害外科学会功労会員

関節外科の中で特に人工膝関節置換術(TKA)を得意としています。過去4,000例に近い手術件数を経験しており、10年以上北陸地区で手術件数はトップを維持しています。手術を受ける人たちにとって体への侵襲(負担)が少なく、正確な手術を心がけています。手術手技や術後リハビリの工夫などにより、脊椎疾患など他の合併疾患がなければ、普通の速度で歩くこと、庭作業など家庭内での日常生活あるいは友人や家族との旅行を楽しむこと、パークゴルフやダンスなど社会生活への参加が可能となることなど、良質な健康寿命の延長をめざしています。よろしくお願いします。

中原 慶亮Keiryo Nakahara

手外科部長

昭和52年卒

日本整形外科学会専門医、日本手外科学会認定手外科専門医、日本リハビリテーション医学会臨床認定医、日本整形外科学会 運動器リハビリテーション医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、労働衛生コンサルタント

専門は整形外科のうち、特に手外科です。趣味は音楽・山菜狩り・動物との共同生活です。スポーツはスキーで、学生時代は野球でキャッチャーをしていました。

中野 恵介Keisuke Nakano

(脊椎、脊髄外科) 非常勤

昭和53年卒

日本整形外科学会専門医、日本脊椎脊髄病学会指導医、日本整形外科学会脊椎内視鏡手術技術認定医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター

の変性疾患や脊柱変形に対して内視鏡手術を含む低侵襲な手術を行なっております。高齢の患者さんが増えており、なるべく体に負担のかからない手術を心がけています。趣味はバイクツーリングと旅行、読書で、愛犬は2匹のボーダーコリーです。

神谷 和男Kazuo Kamitani

麻酔科・痛み緩和診療部長

昭和63年卒

日本麻酔科学会専門医、日本ペインクリニック学会専門医

麻酔とペインクリニック(痛み緩和)を専門としています。ペインクリニックでは、「患者さんが痛いと言われればそれが痛み」を常に忘れないようにしています。原因が明確でない「線維筋痛症」の診療も行っています。趣味は音楽、読書(漫画含む)です。モットーは「一生勉強し、一生遊ぶ」です。

遠山 芳子Yoshiko Tooyama

手術部長(麻酔科)

昭和51年卒

日本麻酔科学会

卒業以来ずっと麻酔科だけをやって来ました。手術患者さんが心身ともに、できるだけ苦痛なく眠りに入り(=麻酔の導入)、気持ちよく目覚め(=麻酔の覚醒)、術後の苦痛が少ないようにと心掛けながら仕事をしています。趣味はインドア系で、クラシック音楽、読書、時間があるときはTV映画など好きです。

坂巻 緑Midori Sakamaki

麻酔科部長

平成2年卒

日本麻酔科学会専門医

2つの手術室で毎日午前中から、沢山ある手術の全身麻酔を他の麻酔医と分担して行っています。持病のある患者さんに対して最も適切な麻酔について話し合えるのが複数麻酔医がいる強みだと思っています。しばらく遠ざかっていたスキーをまた始めました。

田中 利弘Toshihiro Tanaka

整形外科部長

平成10年卒

日本整形外科学会専門医、脊椎脊髄外科専門医、日本脊椎脊髄病学会指導医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医、日本整形外科学会 運動器リハビリテーション医、インフェクションコントロールドクター

高齢になってもQOLを維持できるようサポートし、満足していただける診療を心掛けていきたいと思います。

澤田 利匡Toshitada Sawada

診療部長

平成13年卒

日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会 脊椎脊髄病医、日本整形外科学会 運動器リハビリテーション医、日本脊椎脊髄病学会指導医

整形外科の携わる病気、けがは個々の患者さんの生活状況を踏まえて治療方法を考えなければなりません。出来るだけニーズにあった治療を心がけております。

瀬川 貴洋Takahiro Segawa

関節外科部長

平成14年卒

日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定スポーツ医

肩、肘、膝、足の関節外科を主に診療しています。スポーツ障害、変形性関節症、外傷など幅広く対応しています。保存療法はもちろん、関節鏡視下手術、骨切り術、人工関節などそれぞれの病態や患者さんの目指す状態にあわせて手術療法を選択していますが、できるだけ低侵襲な術式で行うことにより、早期に社会復帰、スポーツ復帰できるようにしています。 関節疾患でお困りの方はお気軽にご相談ください。

金子 翔Sho Kaneko

平成25年卒

患者さんお一人お一人に寄り添いながら、運動器の不安解消と回復に努めてまいります。どうぞお気軽にご相談ください。よろしくお願いいたします。